コラム

 多くのワークショップで実施されるKJ法*は、川喜田二郎氏により考案された手法で、その著書の『発想法』は1967年と50年前に刊行されている。50年前に日本で生まれたクリエイティブ思考とその流れを追い求め、北陸先端大学 國藤進 先生にお話をお伺いした。 *「KJ法」は(株)川喜田研究所が商標登録(登録商標日本第4867036号)しています。 ※本記事は…

続きを読む

ziba tokyo 繁里光宏 氏・山田理湖 氏 との鼎談    前回は、ziba tokyoと行動観察研究所のコラボレーションでみえてきたことの中から、「デザインの力が調査分析をドライブ」するということを紹介した。今回は、山田理湖氏(ziba tokyo)にも参加いただき、「行動観察×デザイン」という異分野連携の実践における、「スキル・機能の相互補完よ…

続きを読む

ziba tokyo 繁里光宏 氏との対談    前回、リサーチとデザインは境目があるわけではなく一体として進めていくという話があったが、具体的にどのように進めていくのか。ziba tokyoと行動観察研究所で実施した協働プロジェクトの事例をもとに、「行動観察×デザイン」という異分野連携がどのように進むのかを紹介する。 ※本記事はBiz/Zineで掲載さ…

続きを読む

ziba tokyo 平田智彦氏に聞く(後編)  どうすれば創造的で革新的なアウトプットを出せるのか。今回のziba tokyo平田氏と松波の対談の後編では、クリエイティビティ・ワークで陥りやすいポイントの3つ目を紹介するとともに、それを通じてziba tokyoと行動観察研究所が協業する理由、「行動観察×デザイン」について紹介できればと思います。 前…

続きを読む

ziba tokyo 平田智彦氏に聞く(前編)  新たな価値を生み出すための手法やクリエイティブツールが普及し、多くの現場で実践されています。しかしその一方で、成果につながっていないという現場も少なくありません。イノベーションにつながらない理由は何なのでしょうか。どうすれば創造的で革新的なアウトプットを出せるのでしょうか。ziba tokyo平田氏と松…

続きを読む

3月のコラムでは、 “「どういった価値を顧客に提供すべきか?」といったWicked Problemに答えを創っていくためには、「正しいか」「正しくないか」という枠組みで考えるのではなく、「意志に合致するか」「しないか」という枠組みで考えるべきではないか”、と提言した(参照)。 さらに、4月のコラムでは、 “Wicked Problemに立ち向かい、組織の…

続きを読む

先日、ある書店に入ってみたら、漫才についての書籍が目に留まったので購入して読んでみた。その書籍には、「漫才がどのようにできているのか」が分かりやすく解説してあり、その内容を読んだ私は、「これは、イノベーションのプロセスと共通点がある」ということに気づいたので、今回はこの漫才とイノベーションの関係について書きたいと思う。 漫才は、ご存知の通り、通常ボケとツ…

続きを読む

イノベーションを起こすために必要な「マインドセット」 今年の新たなチャレンジングな取り組みから、新たな気づきとインサイトを得て、そこから大きな希望を持った。今回はこの「希望」についてご紹介したい。 行動観察研究所では、さまざまなクライアントさまから、 「どうすればイノベーションを起こせるか?」 「イノベータを育成したいがどうすればよいか?」 という質問を…

続きを読む

「失敗」とは何だろうか?  みなさんは、「失敗」と聞いてどういう状況を思い浮かべるだろうか?  我々は、当然ながら「失敗」することを恐れる。異性にアタックするのなら、「失敗」せずに「成功」させたいし、新規事業を起こすのであれば、「失敗」せずに「成功」させたい。これらの場合、「失敗」とは、「フラれる」「事業が儲からずに頓挫する」ということを意味する。また、…

続きを読む

 様々な企業が、イノベーションや変革の必要性を理解しつつ、それでもなかなかうまく行かないのは、なぜなのだろうか。  世の中はツールも、モデルも、理論も、様々なものがある。もちろん、とても理にかなっていて、それを正しく導入すればそれだけでかなり成果が変わってくるような「ツール・モデル・理論」も多い。  どの企業も、新しいツールなどの導入には積極的である。成…

続きを読む

 2月8日(土)、大阪ガス行動観察研究所主催のイベント「リフレーム・ダイアローグ」が行われました。東京は大雪だったにもかかわらず、多くの方々に集まっていただき、ありがとうございました。  そこで、パネラーの方々や、参加者の方々の意見を聞いていて、強く感じたことがいくつかありますので、そのうちの2点をお伝えしたいと思います。  まず1点目は、組織としての課…

続きを読む